パチンコ転職する際の面接の流れ・マナー

パチンコ転職

パチンコ転職の鍵は面接での印象

パチンコ仕事の基本は、人と接する仕事がメインです。
そのため、人から感じ良く思われる方は、ある意味向いている仕事となります。
採用担当者の目線からすれば、面接での受け応えがそのまま仕事でも活かされる可能性があるため、極めて面接を重視すること多いです。
例えば、会話一つでも笑顔で話すことを心がけること、丁寧に話す事を心がけることが出来れば、好印象となります。
特にパチンコ店は、地域の評判が鍵を握るため、店員の接客の仕方によっては良いイメージや悪いイメージも起きやすいのです。
そのようなデリケートな側面もあるため、採用での面接は重要視されやすくなります。
面接の最後の方で、何か質問がありますか?といったことを問われることがあります。
その時、何も質問がないとプラスマイナスゼロかマイナス面の評価となるケースが多いです。
採用担当者としては、興味を持って志望して来てくれるはずなので、幾つかの質問があっても然るべきではないかと考察します。
そのため、2つや3つは質問を用意しておくことが必須です。

実際に何か質問があるかと問われたらどうした方が良いのか

パチンコ仕事の面接に限らず、一般的な会社の面接でも決まり文句の様に採用担当者が聞いてくることが多いです。
あらかじめ、そういった場合を想定して幾つかの質問を用意して置くことは賢明となります。
そのポイントには幾つかありますが、まず当たり前のことや調べれば解ることは極力、聞かないことです。
福利厚生面や給与面、離職率などは、質問するとマイナスになる場合もあります。
またYESかNOかだけで答えられる質問や企業研究をしていれば理解できることもふさわしくありません。
できれば、自分自身が働いた時のことを仮定した質問が好印象を与えやすいです。
例えば、入社までに出来ることは何かありませんかや御社の現状と課題を教えてくれませんかなどがあります。
他にパチンコ仕事で働いた場合に求められるスキルや理想像があれば教えてくださいなどです。
前向きな質問を2、3ほど用意しておくことは重要となります。